ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出来事 
2006.02.27.Mon 
あっという間の数日間
時間に追われ、何が起こったのか分からない
25日になった頃。
パンを作ろうかなーと粉を計量していた時に電話が鳴った。
イヤーな感じ。
出ると妹が泣きながら「とーさん、心臓とまりそうやから早くきてー…」と言ってる。意味わからへん。大腸で?そんなことならんやろうし…。
アタシ1人で行こうかと思ったけど、パパっちが皆で行こうと言うので
寝ていた子供らを起こして連れて行った。
間に合わなかった。お医者さんに説明受けた。心筋梗塞でしょうとの事。
大腸の手術前、ほぼ絶食に近い状態3日間、
手術後も週2、3回行ってた飲みに行く事もなくしてたけど
24日は送迎会で出掛けていたらしい。妹もパパっちも一緒だった。
とーさんはその後ハシゴ。3軒目くらいで1人で行動
帰りにあるお店のマスターにタクシー乗るところまで見送ってもらうのが
いつもの事だったらしくエレベーターに乗った所で倒れてしまった。
…と言う事だった。
救急車の中で心臓動いてなかったので病院では死亡診断かけず
警察の方で死亡原因を調べるとかで連れて行かれてしまった。
1人で寂しかったやろなぁ。

子供らをアタシの実家に寝かせ1回、家に帰った。
去年、バアバが亡くなった時に預けたショップにジャっくんを預ける。
バアバととーさんが逆だったら、慌てただろなぁ

パパっちのお母さんの葬儀の時、「オレの時は1回家に連れて帰ってな」
ってとーさんが言ってたのを思い出し、かーさんに伝えたから、昼過ぎ家に帰って来た。

とーさん側、かーさん側と親戚の人達が集まって来るけど
アタシの実家は数年前に引っ越ししてて、アタシが育った家とは違ってて
しかもかーさんが台所を触るのをイヤがるからどこに何があるのか分からず
お茶も出せない。
かーさんの妹たちが探し出したりして全部してくれた。
ありがたかった。けど自分が情けない。

26日。
明け方に横になったら寝過ぎてしまった。
夜、通夜。

27日社葬。
妹といろいろ話し、また寝なかった。
喪服(着物)が睡眠不足に辛かった。
昼前、着物に着替えたのに、終わると夜だった。
バタバタと、人に言われるように行動し、気付けば27日が終わってた。て感じです
関連記事
スポンサーサイト
スポンサーサイト出来事へのコメント
----

りえさん、おかえりなさい。
この度は大変でしたね。
私も突然の訃報にビックリしてしまいました。
当分は忙しいと思うけど、体に気をつけて下さいね。
うちは今年、3回忌。
今でも父(享年61歳)の事を思い出すと涙が出ます。
りえさんのお父様も、私の父も亡くなるには早すぎるよね。

- from ママじろう -

----

こじママン
こじママのお父さん、若すぎるよーi-241
ウチの父は享年74です
61過ぎてから「オヤジやオフクロの年越したからこれからおまけの人生や」
言うて、それまで仕事が趣味なような人生から
ちょこっと遊ぶように…好きなようにしてはりましたi-179
ここ何年かはパパっちの実家の方ばかり行ってたからね
寂しかった見たいで。
なんだよぉー言ってくれれば良かったのにー
…って親不幸な娘でございます

- from りえ -

   非公開コメント  
カウンター

since July 15,2004
PROFILE 
つなビィ-tuna.be- 

ブログ内検索 

CopyRight 2006 Clear* All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。